コロナショックで解雇される?解雇リスクを負わない5つの方法解説

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓

菊池
こんにちは、菊池です。

2020年から、

話題の絶えない

コロナウイルスについてです。

コロナウイルスそのものの

紹介をするよりかは、

コロナウイルス流行によって

与える経済的影響

つまり、コロナショックによる影響で

 

  • 解雇は増えるのか
  • 解雇リスクを負わない方法はあるのか

 

について解説していきます。

 

コロナショックとは

コロナショックとは、

コロナウイルスの流行による

経済的損害

の事を指します。

その影響は、

 

菊池

リーマンショック級

あるいはそれ以上といわれており、

各業界に多大な損害を与えています。

 

それによって、

解雇が増えてくるでしょう。

なので

主にサラリーマンの

解雇リスクが高まることが

予想されます。

 

もちろん、

すべてのサラリーマンが

解雇リスクを

負うわけではないです。

 

 

 

菊池

特定の業界や業種で

従事しているサラリーマンが

対象です。

 

 

コロナショックが与える影響

では、どのような業界、業種の

解雇リスクが高まるのか解説します。

(2020年3月18日時点)

 

どの業界にどのような悪影響を及ぼしているのか?

コロナウイルスが

大流行したことによって、

人々に

どのような変化が

あったのかというと

以下の通りです。

コロナウイルスによる人々の行動変化
  1. 宴会の中止
  2. 外出を控える
  3. 旅行キャンセル
  4. 宿泊キャンセル

 

 

これらに共通することは

人が集まるところを避ける

ということです。

アメリカのトランプ大統領が

「10人以上集まるような

集会を原則禁止とする」

旨の発表をしています。

 

菊池

つまり、

コロナウイルスの感染拡大を

防ぐため

意図的に

人が集まらないように

しているのです。

 

だから、

宴会、旅行などが

中止になっています。

 

人々の行動が

変化したことで

各業界に

どのような

悪影響を及ぼしたか

というと

コロナショックの悪影響を受けている業界
  1. 飲食業界
  2. イベント業界
  3. ホテル業界
  4. 航空業界
  5. 旅行業界
  6. 製造業界

 

これらの業界は

著しく業績が低下しており、

  • 倒産を余儀なくされる企業
  • 解雇を余儀なくされる企業

が増えています。

 

飲食業界では

宴会が中止になったことで

居酒屋やバーなどのような

お店の

売上が激減しています。

 

ただし、牛丼チェーン店のような

デリバリー&テイクアウト

に対応している

お店は前年度に比べて

売上が上がっています。

 

なぜなら、

デリバリー&テイクアウト

を利用するお客さんが増えているからです。

これも、

人との接触を極力避けられるのが

デリバリー&テイクアウト

の利点だからですね。

 

イベント業界では

予定していたコンサートが

中止になってしまう

事が多発しています。

 

菊池

私も、参加予定だった

コンサートが

中止になってしまいました。。。

 

この影響により、

  • アーティスト
  • 会場を提供する企業
  • イベント開催の支援をする企業

の収益が激減してしまいますね。

 

解雇リスクという観点で言うと

  • 会場を提供する企業
  • イベント開催を支援する企業

に属している方は

解雇リスクが高いと言えます。

 

 

ホテル業界は、

航空業界の停滞と

旅行業界の停滞と

密接な関係にあるので

併せて解説します。

コロナウイルスの感染を防ぐため

人が集まる行為を避ける風潮に

なっているため、

団体ツアーの

中止が多発しています。

団体ツアーは

旅行業界が企画をしています。

その企画には

移動や宿泊も込みで

プランニングされていることが

主流です。

 

菊池

つまり、

団体ツアーが

中止になると

それだけで

航空業界

ホテル業界

に多大な経済的損害を

与えてしまうのです。

 

いわゆる

予約のキャンセル

が多発してしまう感じです。

航空業界では、

その影響をもろに受けていて

すでに

欧州の航空会社では

欠便が多発し

従業員の解雇がされています。

日本でも

CA(キャビンアテンダント)

が解雇になる

危険性が高いです。

また、ホテル業界では

主に、地方の旅館が

倒産するなどの影響が出ています。

元々、予約で満室だったのが

9割ほどキャンセル扱いになってしまったら

完全に赤字です。

経営を立て直す見込みも無いため

倒産を選択する企業が増えています。

 

最後に

製造業界ですが、

この業界も

コロナショックの影響を

受けています。

具体的には、

コロナショックの影響で

需要ダウンが見込まれる事から

製造数の縮小という

方針のもとの

製造工場が一時的に

非稼働となり

そこで、働いていた職員が

働けない

あるいは

解雇される

というケースです。

 

菊池

現在、顕在化している業界不況は上記の通りですが、

今後顕在化してくる業界も出てくるでしょう。

 

内定取り消しの増加

コロナショックによって、

採用フェーズでも影響が出ています。

  • 新卒入社
  • 中途入社

共に内定取り消しが増加しています。

 

例えば、

ウェディング業界から

内定を獲得していた

新卒の短大生が

採用担当者から

「コロナウイルスの影響で

業績悪化したため

採用は出来ない」

という旨の連絡を受け、

内定取り消しになった事例が

発生しています。

 

中途に関しては、

携帯販売の代理店から

内定を獲得していた方が

採用担当者から

「感染被害削減のため」

という理由により

内定を取り消された

という事例が

発生しています。

 

今後も、

このように

コロナウイルスの影響で

内定取り消しが

増えてくるでしょう。

また、

そもそも、

採用枠の縮小が

見込まれるので、

コロナショックは

就職氷河期の再来

ともいえますね。

 

コロナショックによる解雇リスクを負わない5つの方法

ここまで、

コロナショックは

経済的損害を与える可能性が高くあり、

それによって

解雇リスクが

高まることが

お分かりいただけたかと思います。

ここからは、

解雇リスクを負わない

5つの方法を

ご紹介したいと思います。

菊池

解雇リスクを負わない大前提としては、

個人で稼げるようになることです。

 

解雇リスクがあるのは、

会社から

給料を得ることが

できなくなるからだと思います。

逆に言えば、

個人でお金を稼いでいる人は、

解雇リスクが

そもそも無いのです。

 

この前提を踏まえて、

コロナショックによる

解雇リスクを負わない

5つの具体的な方法を

ご紹介していきます。

 

情報発信ビジネス

情報発信ビジネスとは、

あなたの

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 興味があること

を発信して、お金を稼ぐビジネスです。

具体的には、

集客→教育→販売

という流れでビジネスを展開していきます。

集客では、主にブログ、Youtube、SNSを通じて、

あなたの得な事などを発信します。

教育では、あなたのブログ記事に

興味を持った人

考え方に共感した人

などと信頼関係を構築するフェーズです。

メルマガやLINE@などを利用して、

密なコミュニケーションをとります。

販売では、あなたに興味を持ったお客さんに

あなたの商品を販売するフェーズです。

 

ここから分かるように

情報発信ビジネスは

ブログ記事を

ただ単に更新するだけでなく、

 

  1. あなただけの商品を作ったり
  2. メルマガを作成したり
  3. 動画を作成したり

 

する必要があります。

情報発信ビジネスは、

後程紹介する

アドセンスやアフィリエイトに比べて、

やることが多いです。

ただし、その分

  • 利益率が高い
  • ワークライフバランスが取りやすい

というメリットがあります。

また、初心者でも

半年から1年で

月収30~100万円を

自動で稼げるようになる

というメリットもあるため、

個人で稼ごうと思ったら

まず初めに取り組むべきビジネスです!

実績0の初心者でも稼げる情報発信ビジネスを解説します

2020年1月26日

 

アフィリエイト

ASPに登録されている商品を

あなたのブログに貼り付けて、

その記事から商品が購入されたら、

報酬を得られるビジネスです。

既存の商品を紹介するための

記事を作成すれば良いので、

情報発信ビジネスで必要だった

商品設計をする必要がなく

ブログで稼ぎたい初心者にはぴったりです。

ただ、稼ぎ柱だった商品のアフィリエイトが

急になくなるなどもあり得るので、

収益の増加や低下は

自分でコントロールできないというのがデメリットになります。

初心者がブログアフィリエイトで月収30~100万円稼ぐ方法を教えます

2020年1月11日

 

アドセンス

アドセンスとは、

グーグルアドセンスを使って稼ぐビジネスです。

グーグルアドセンスとは、

バナー形式の広告などをブログに貼り付けて、

その広告をクリックしたら

報酬が発生するビジネスモデルです。

こちらもアフィリエイトと同じくらい、

ブログで稼ぎたい初心者にぴったりなビジネスです。

ただ、

  • グーグルアドセンスは誰でも利用できるわけでなく審査に合格する必要があること、
  • 報酬単価が低く多くのPVを集めなければ生活費レベルを稼げない

というのがデメリットになります。

【初心者向け】グーグルアドセンスを始めるやり方を解説!

2020年4月15日

 

クラウドソーシング

不特定多数の人に業務を委託する新しい雇用形態です。

企業などが、

専門性の高い業務を外注する

『アウトソーシング』が流行った時期がありましたが、

インターネットの普及とともに、クラウドソーシングが主流になりました。

菊池
あなたが培ってきたスキルや経験を武器に稼ぐ手段ですね。

 

例えば、

大学でプログラミングを学び、

2年ほどプログラマーとして仕事をしてきた

という場合は、

プログラミングスキルがあるという事で、

プログラミング系の仕事を個人で受注し報酬を受け取るという感じです。

 

スキルアップを目指したいという方にはぴったりですし、

アフィリエイトなどに比べて即金性が高いので、

今すぐ個人で稼ぎたいと思っている方にはぴったりです。

よく、初心者では参入障壁が高いと思われがちですが、

そんなことありません。

スキルが無くても、

月1~10万円は稼ぐことができます。

ただし、労働収入的な収入形態であるため、

人によっては会社にいたときより

忙しくなるというデメリットもあります。

また、クラウドソーシングを利用する層は個人が多いので、

仕事が急に無くなったり、

報酬が受け取れないなどの問題もあるので

依頼主は慎重に選ぶ必要があります。

菊池
せっかく、お仕事したのに、報酬が支払われないとか最悪ですよね。。。

クラウドソーシングとは?スキルなしでも稼げるのか徹底解説

2020年4月18日

 

Youtube

2020年芸能界からの参入も増え、

今注目を浴びているYoutuberという職業ですね。

報酬を受け取るモデルは主に2つです。

  1. 動画を投稿して、その再生回数に応じて報酬を受け取る
  2. 企業から案件を獲得して、報酬を受け取る

 

1については、

誰でも広告を付けられるわけでなく一定の条件を満たして初めて広告収入を得られることになっています。

  • 過去12か月の総再生時間4000時間以上
  • 動画の再生回数がトータルで1万回以上
  • チャンネル登録者数1000人以上

 

2についても、

ある程度影響力が無いと企業案件は来ないので、

まずは登録者数を増やしたり、

再生回数をかせげるような動画を作ることが必要です。

 

5Gが始まるにつれ、

Youtubeなどの動画ビジネスは今後伸びると言われており、

市場が拡大しているのが魅力です。

市場が拡大している一方で、

参入者が少ないという現状があるので、

今から始めても遅くないです。

Youtubeで注目を浴びるためには、

エンターテインメント性が重要になってきます。

また、芸能界からの参入も増えているという事で、

編集のクオリティも上がってきているので、

それなりに動画編集に時間をかける必要が出てきています。

話題性を呼ぶようなコンテンツ作りや発信が好きという方にはぴったりです。

Youtubeアフィリエイトとは? 初心者でも稼げる方法解説

2020年4月14日

 

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓