AI到来の時代でも絶対生き残る職業ランキングを紹介

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓

菊池
こんにちは、菊池です、

近年「AI」という言葉をよく耳にするようになりましたね。

AIの技術が進化すると不安なことが、

「今働いている仕事がAIに奪われるかもしれない」

ということではないでしょうか。

今回は、AIの時代でも生き残る職業や

なくなる可能性の職業について徹底解説していきます。

 

AIとは?

「AI=人工知能」

ということは皆さんご存知でしょう。

現代のAIができることは主に5つあります。

画像認識

たくさんある画像のデータから、それぞれの特徴を学習することで、

人間と同じように画像を選択、分類することが可能です。

また、今まで見てきた画像の特徴をもとに、写真を作成することもできます。

 

音声認識

画像認識と同じように、様々な人間の音声データから特徴を学習して

人の言葉が分類できるようになっています。

また最近では、人間と同じような抑揚で話すAIも増えてきており、

これは音声認識の技術が上がったことを意味します。

 

言語識別

インターネット上にある膨大な文字データを利用し、

文章の特徴を学習することができます。

文章の特徴を学習することで、文章が書けたり識別できたりします。

 

制御

画像認識、音声認識、言語認識を組み合わせることによって、

ロボットや自動車などの機械を制御することができます。

自動運転技術などがその例です。

カメラやマイクなど様々なセンサーから自分の状態を確認し、

その状態で動作したらどのような結果になるのかということを

関連付けてAIに学習させることで、

その時々に最適な動作をさせることができます。

 

予測

制御と同じく、

カメラやマイクなど様々なセンサーから自分の状態を確認し、

その状態で動作したらどのような結果になるのかということを

関連付けてAIに学習させることで、

特定の状態からまだ起きていない結果を予測することができます。

 

以上が現在のAIができることでした。

AIはまだまだ発展途上ですから、

今後進化すればもっと人間に近いものになっていくでしょう。

 

AIの時代になくなる職業とその共通点

ここまでで、AIについてご理解いただけたと思います。

AIの技術が進むと、当然今よりも多くのAIが社会で活躍するでしょう。

そうなると、AIだけで済む業務も増えていきます。

それではここで、AIの時代になくなると予想されている

職業とその共通点をご紹介いたします。

 

AIの時代になくなると予想されている職業

AIの時代になくなると予想されている職業は、以下の通りです。

IC生産オペレーター  一般事務員  鋳物工  医療事務員
 受付係  AV・通信機器組立・修理工  駅務員  NC研削盤工
 NC旋盤工  会計監査係員  加工紙製造工  貸付係事務員
 学校事務員  カメラ組立工  機械木工  寄宿舎・寮・マンション管理人
 CADオペレーター   給食調理人  教育・研修事務員  行政事務員(国)
 行政事務員(県市町村)  銀行窓口係  金属加工・金属製品検査工  金属研磨工
 金属材料製造検査工  金属熱処理工  金属プレス工  クリーニング取次店員
 計器組立工  警備員  経理事務員  検収・検品係員
 検針員  建設作業員  ゴム製品成形工(タイヤ成形を除く)  こん包工
 サッシ工  産業廃棄物収集運搬作業員  紙器製造工  自動車組立工
 自動車塗装工  出荷・発送係員  じんかい収集作業員  人事係事務員
 新聞配達員  診療情報管理士  水産ねり製品製造工  スーパー店員
 生産現場事務員  製パン工  製粉工  製本作業員
 清涼飲料ルートセールス員  石油精製オペレーター  セメント生産オペレーター  繊維製品検査工
 倉庫作業員  惣菜製造工  測量士  宝くじ販売人
 タクシー運転者  宅配便配達員  鍛造工  駐車場管理人
 通関士  通信販売受付事務員  積卸作業員  データ入力係
 電気通信技術者  電算写植オペレーター  電子計算機保守員(IT保守員)  電子部品製造工
 電車運転士  道路パトロール隊員  日用品修理ショップ店員  バイク便配達員
 発電員  非破壊検査員  ビル施設管理技術者  ビル清掃員
 物品購買事務員  プラスチック製品成形工  プロセス製版オペレーター  ボイラーオペレーター
 貿易事務員  包装作業員  保管・管理係員  保険事務員
 ホテル客室係  マシニングセンター・オペレーター  ミシン縫製工  めっき工
 めん類製造工  郵便外務員  郵便事務員  有料道路料金収受員
 レジ係  列車清掃員  レンタカー営業所員  路線バス運転者

引用元:株式会社野村総合研究所(https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf)より抜粋

 

AIの時代になくなるとされている仕事の共通点

AIの時代になくなるとされている仕事の共通点として、以下の2つが挙げられます。

 

「人間よりもAIの方が正確で、作業効率が上」

「人間の代わりにAIが全ての業務をすることができる」

 

データや数字を扱う仕事はAIの得意分野です。

計算や計測、資料整理、文字入力などは、

人間よりもAIの方がミスなく正確に行え、且つスピードも速いでしょう。

「決められたことを繰り返す作業」である仕事は

AIの時代になくなると予想されています。

 

AIの時代でも生き残る職業ランキング

AIの時代になくなると予想されている職業がどのようなものか、

またその共通点もあわせてお伝えいたしました。

それでは次に、AIの時代でも生き残るとされている職業をご紹介します。

1位:情報発信ビジネス

第1位は、「情報発信ビジネス」です。

情報発信ビジネスとは、ブログやSNS、Youtubeなどの媒体を使い

そこで何らかの情報(ノウハウ)を発信することで報酬を得るビジネスのことです。

情報(ノウハウ)とは、

主に無形のサービスやコンサルティング、教材、オンラインサロンなどです。

なぜ情報発信ビジネスが生き残る職業なのかといいますと、

AIは、既にある情報を効率化することは得意ですが、

何もない状態から何かを作り上げることは苦手です。

よって、情報発信ビジネスがAIの時代でも生き残りやすいということです。

実績0の初心者でも稼げる情報発信ビジネスを解説します

2020年1月26日

 

2位:アフィリエイター

アフィリエイトとは、企業が広告主で売って欲しい商品をアフィリエイターに依頼します。

アフィリエイターは、自身のサイトなどにその商品を紹介し、

購入されるたびに、そのコミッションとして対価(アフィ報酬)を受け取ります。

生き残る理由としては、情報発信ビジネスと同じで

「情報をまとめる力」がアフィリエイトには必要で

その行為がAIには難しいからです。

それではなぜ2位かといいますと、

アフィリエイトは自分の商品を紹介するのではなく

広告主が依頼している商品を紹介するからです。

自分が紹介している商品の広告案件が何らかの理由で急に終了してしまうケースもありますので、情報発信ビジネスより生き残りにくい職業と言えるでしょう。

初心者がブログアフィリエイトで月収30~100万円稼ぐ方法を教えます

2020年1月11日

 

3位:ライター

ライターとは、文章を書くお仕事です。

主に、情報発信ビジネスやアフィリエイトに使う文章を書く仕事ですので

基本的にそれらの仕事の補佐という役割になります。

そして、AIは「文章を書く」という行為がまだ苦手です。

しかし、結局は「仕事の手助け」という役割ですので、

先ほどご紹介した2つの職業よりは生き残りにくいでしょう。

 

4位:デザイナー

デザイナーとは、製品やポスター、雑誌書籍の表紙やレイアウトなど、

様々なもののデザインを手がけるお仕事です。

グラフィックデザイナーやWebデザイナーなど、たくさんの種類があります。

先ほどもお伝えいたしましたが、

AIは「何もない状態から何かを作り上げること」が苦手です。

デザインには想像力が必要ですが、そのような力はAIにはまだ備わっておりません。

また、デザイナーにはセンスが問われます。

誰でもセンスの良いデザインが作れるわけではありませんので、

デザイナーは生き残りやすい職業と言えるでしょう。

 

5位:経営者

AIは、データを処理して業務を効率化することはできますが

経営能力である「最終決定を下す」という行為はまだまだできません。

実際に、大きな会社でAIを社長にしているところはそういないでしょう。

以上の理由から、経営者は生き残りやすい職業と言えるでしょう。

 

6位:芸能人

芸能人の仕事である「能動的に人を楽しませる行為」は、AIはまだ苦手です。

さらに、芸能人は誰でもなれるわけではありません。

売れたとしても、そこから生き残ることができる人は一握りです。

以上の理由から、芸能人は生き残りやすい職業と言えるでしょう。

 

7位:医師

診療や治療など様々な部分でAIは活躍しています。

しかし、人を診断したり実際に治療したりする点では

医師の経験や知識が今でも活躍しています。

人間でないと判断が難しい医師の仕事は、これからも生き残ると予想されています。

 

8位:弁護士

弁護士は、裁判などで人間の考えや心情を理解し、

その上で様々なことを判断しなければなりません。

AIにはまだ人間の複雑な心理を理解することは難しいので、

弁護士は生き残りやすい職業と言えます。

 

9位:介護士

「介護はロボットではなく人にしてもらいたい」と考えている人が多いのが現状です。

将来的にAIが介護の手伝いをすることが予想されておりますが、

全ての仕事をAIに任せることはまだまだ難しいでしょう。

やはり実際に人に触れる仕事は人間の方が良いのかもしれませんね。

 

10位:エンジニア

AIを作る仕事に就いている人はまだまだ生き残るとされています。

しかし、AIの機能が発展し、AIがAIを作るという時代もいずれくるでしょう。

そうなった場合は話が変わってきますが、

現時点でそれはかなり先の話ですので、

エンジニアは生き残る仕事として予想されています。

 

AIの時代でも生き残る職業の共通点

ここまでで、AI時代でも生き残るとされている職業をお伝えいたしました。

AIの時代でも生き残る職業には共通点があり、

AIは「何もない状態から何かを生み出す、作り出す」という行為が

苦手だからです。

以上の点から、情報発信ビジネスやアフィリエイト、ライター、デザイナーなど

クリエイティブな仕事もAIに取られることは少ないでしょう。

また、医師や弁護士、介護士など人と接する仕事も

AIに全て任せられるということもまだ考えにくいです。

このように、様々な仕事が生き残るとされていますが、

やはりクリエイティブな仕事が最も生き残る確率が高いでしょう。

人間が考えていることや感情は非常に複雑であるため、

AIよりも同じ人間の方が理解できるはずです。

これからどのような仕事をしようか悩んでいる人は、

情報発信ビジネスやアフィリエイト、ライター、デザイナーなど

クリエイティブ(創造)な仕事を選ぶことをオススメいたします。

 

クリエイティブな仕事で成功するためにやるべき2つのこと

AIの時代でも生き残る職業の共通点は、

先ほどお伝えしたAIの時代に生き残るクリエイティブな仕事として、

情報発信ビジネスやアフィリエイト、ライター、デザイナーが挙げられました。

その他にも、プログラミング、映像制作、ブロガーなど様々な仕事があります。

これらの仕事を聞いて

「難しそうだからできない」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

ここで、クリエイティブな仕事で成功するためにやるべき2つのことをご紹介いたします。

自分でコンテンツを作り出してみる

クリエイティブな仕事が難しいと感じている人もそうでない人も、

まずどんなことでも構いませんので自分でいくつかコンテンツを考えてみましょう。

例えば、

 

「好きなものを撮影してYoutubeに投稿する」

「LINEスタンプを作る」

「プログラミングを勉強してゲームを作る」

 

などです。

このとき、あなたが好きなことに関連付けたコンテンツが良いでしょう。

あなたの好きなことの方が長続きしますし、

好きなことなのでどんどん深掘りできて

さらに磨きが加わったコンテンツに仕上がるからです。

 

好きなことを見つけたらひたすら行動

いくつかコンテンツを作ったところで、

あなたが1番やりたいと思うものを全力で行ってください。

始めはなかなか収入には繋がらないかもしれません。

そのようなときは、インターネットで仕事を外注、受注できる

クラウドソーシングサービス(クラウドワークスやココナラなど)を利用して

自分のコンテンツやスキルを販売していきましょう。

収入が入ることでモチベーションが上がり、同時にスキルもアップできるので

一石二鳥です。

 

まとめ

AIとは人工知能を搭載したロボットのことです。

AIができる動作は主に5つあり、

「画像認識」、「音声認識」、「言語識別」、「制御」、「予測」です。

AIの時代になくなると予想されている職業には、

一般事務員、受付係、自動車組立工などがあり、

これらの仕事の共通点として、

「人間よりもAIの方が正確で、作業効率が上」、

「人間の代わりにAIが全ての業務をすることができる」の2点が挙げられます。

反対に、AIの時代でも生き残ると予想されている職業は、

情報発信ビジネス、アフィリエイター、ライター、デザイナーなどが挙げられ、

その共通点は主に「情報を取り扱う」、「まとめる」、「生み出す」の3点です。

そしてこの3点を網羅している職業を一括りにした職業は、

クリエイティブ(創造)な仕事です。

情報発信ビジネスやアフィリエイト、ライター、デザイナー以外にも

プログラミング、映像制作、ブロガーなど様々な仕事があります。

クリエイティブな仕事をするためにやるべきことは2つあり、

「自分でコンテンツを作り出してみる」、「好きなことを見つけたらひたすら行動」です。

この記事を参考にし、AIの時代でも生き残れる職業を是非始めてみてはいかがですか。

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓