ウェブビジネスで月収30~100万円稼ぐ方法を教えます!

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓

菊池
こんにちは、菊池です。

あなたは、ウェブビジネスについてどのようなイメージを持っていますか?

 

「ウェブビジネスって本当に稼げるの?」

「ウェブビジネスには、どんなメリットやデメリットがあるのか?」

「結局どんなウェブビジネスが稼げるのか?」

 

様々な疑問に追及していきたいと思います。

 

ウェブビジネスって本当に稼げるの?

結論からいうと、ウェブビジネスで稼ぐことは可能です。

菊池
月収10万円~100万円以上稼ぐことも可能です!

しかしながら、だれでも稼げるわけではありません。

稼ぐためにはウェブビジネスにおける正しい知識や努力が必要です。

 

ブログで稼げる目安をご存じですか?

ブログを書く場合、月収10万円以上稼ぐのに必要な平均的な記事数は300記事と言われています。

プロのブロガー等は50記事で月収10万円以上稼ぐこともできるのです。

少ない記事数で稼いでいくには、1記事で大きな爆発を狙っていく必要があるため、1記事あたり最低でも2000文字~3000文字以上は書く必要があります。

しかし、初心者の方はまだネタやタイトルの選定に慣れていない方が大半ですので、1つの記事に対してこのように労力をつぎ込んだとしてもアクセスが爆発する保証はありません。

最初のうちは1記事書くのに大変な労力が必要で、且つ、閲覧数が少ないため収益化しにくいです。

こういった作業をコツコツと継続させていくことで、半年もすれば記事を書く労力が各段に少なくなることが実感できると思います。

また、記事の質も向上し、閲覧数も着々と増えていれば、半年から1年程度で月収10万円を達成することは可能です。

もし、自分で記事を投稿できないのであればクラウドソーシングなどで外注に依頼するという方法もあります。

外注するためコストはかかりますが、記事を書く時間と労力をなくすことができます。

このようにネットビジネスは特定の専門スキルが必要なわけでも、多大な人脈が必要なわけでも、何かしらの才能が必要なわけでもありません。

必要なのは、誰でもできる作業を誰よりもこなし、それをどれだけ継続させられるかという「心」です。

あなたには「絶対にウェブビジネスで成功するんだ」というゆるぎない目標がありますか?

 

ウェブビジネスのメリット・デメリット

ウェブビジネスでは正しい知識や努力をすることで、稼ぐことができるということをお伝えしました。

では、実際にウェブビジネスは他のリアルビジネスに比べてどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

ウェブビジネスのメリット

働く場所や時間に縛られない

ウェブビジネスはインターネット環境があればいつでもどこでも行えて、且つ、自分で仕事の時間を決めることができます。

そして、ネットビジネスは副業から始めることができます。

つまり、本業で毎日お仕事をしている方や家事などで忙しい方など誰でも参入することができます。

また、仕組みを構築できれば、少ない時間で多くの収入を得られるのが大きなポイントです。

月収10万~100万円を1日たったの1~3時間で稼ぐことも可能なのです。

 

ブログやYoutubeを使うことで資産になる

ウェブビジネスは仕組みそのものが「資産」になります。

これはどういうことでしょうか。

もしあなたが現在ウェブビジネス以外のお仕事をされているとしたら、そのお仕事をする時間を半分に減らせば、あなたの月収はどのようになりますか?

おそらく、月収は半分かそれ以下になるでしょう。

それは、そのお仕事の収入形態が「労働収入」だからです。

労働収入という収入の取り方は、自分の勤める会社に、自分の時間を売り、その時間に見合った対価を報酬として得るという仕組みです。

それに対してウェブビジネスは「権利収入」や「不労所得」になります。

自分の時間を売った対価として報酬を得るのではなく、自分が出した成果に対して報酬が得られる仕組みです。

もちろん、すぐに結果は出ませんが、自分の運営するブログサイトの閲覧数が増えたり、YouTubeでの再生回数が増えたりと、自分が世間に認知され認められることで高収入が入ってくるのです。

 

初期費用などのコストがリアルビジネスに比べて圧倒的に低い

ウェブビジネスは初期費用、ランニングコストが極めて低いです。

これはリアルビジネス(飲食店経営、起業、店舗出店など)に比較すると圧倒的な差になります。

コストが低いからと言って、成功しにくいわけではありません。

成功するかどうかはウェブビジネスでもリアルビジネスでも差はありません。

上述したように正しい知識を基に正しい方向で努力できているかどうかです。

失敗したときのリスクを考えてみても負債を背負うリスクが低いのは紛れもなくネットビジネスなのです。

なぜなら、店舗を構えることも、人を雇うこともしなくていいからです。

 

ウェブビジネスのデメリット

結果が出るまで時間がかかる

ウェブビジネスは労働収入ではないので、自分が費やした時間や労力に見合った対価が報酬として得られるわけではありません。

ウェブビジネスは完全に成果報酬です。

最初のうちは成果が出ません。

そしてビジネスの結果は遅れてやってきます。

しかしその結果が、いつやってくるのかはわかりません。

そのため、結果がやってくる前に辛抱できずにリタイアしてしまう方が多いです。

 

意外に地道な作業が多い

ウェブビジネスは誰でもチャレンジできるビジネスです。

絶対に必要な専門的なスキルや知識は必要ありません。

しかしながら、誰でもできるということはライバルが必然的に多くなります。

そのライバルに勝ちたいと思うなら、誰でもできる作業を誰よりもやる必要があります。

だからこそ、地道な作業が多く、結果が出るまではつまらなく感じると思います。

結果が出なければやりがいも感じないので、しっかりとした目標をもっていない方は自分自身に勝てずに脱落してしまいます。

 

以上がネットビジネスのメリットとデメリットでした。

 

目指せ!月収100万!稼げるウェブビジネス7選

ここまででウェブビジネスの良い点と悪い点をご理解いただけたかと思います。

では、ウェブビジネスで稼いでいくために、実際にどのような種類があるのか、それぞれ特徴も踏まえてご紹介していきたいと思います。

情報発信ビジネス

情報発信ビジネスとは、インターネット上でブログやSNS、Youtubeなどの媒体を持ち、そこで情報やサービスを提供して収入を得ていくビジネスです。

メリット:自分そのものがプラットフォームになるため、長期的な収入になりやすいです。

デメリット:自己成長を怠り、周囲あら認められなければ仕組みを構築できない。

実績0の初心者でも稼げる情報発信ビジネスを解説します

2020年1月26日

 

アドセンスの広告収入

これは、Googleが提供している、コンテンツマッチ型広告を配信するサービスです。

サイトを訪問した人がサイト内に表示された広告をクリックすると、グーグルからサイト運営者に報酬が支払われる仕組みになっています。

メリット:クリックされるだけで報酬が入るので、難易度が比較的低いです

デメリット:多大な閲覧数がないと、高収入が得られにくいです。

【初心者向け】グーグルアドセンスを始めるやり方を解説!

2020年4月15日

 

アフィリエイト

アフィリエイトは企業が広告主で、売って欲しい商品をアフィリエイターに依頼します。

アフィリエイターは商品を売るたびに、そのコミッションとして対価(アフィ報酬)を受け取ります。

メリット:広告をクリックして購入されて初めて報酬が発生する、成果報酬型の広告ビジネスのため、単価が高いです。

デメリット:記事のテーマに沿った広告を貼り付けなければならず、アドセンスよりも手間が多いです。

初心者がブログアフィリエイトで月収30~100万円稼ぐ方法を教えます

2020年1月11日

 

転売

物を仕入れ、仕入れた値段よりも高く売ることで、その差額を利益とするビジネスです。

メルカリやラクマなどは転売ビジネスのプラットフォームです。

初心者は最もリスクの低い国内転売から行うことをお勧めします。

メリット:最もなじみのあるウェブビジネスの一つで、参入しやすいです。

デメリット:本気で稼ぐためには、仕入れをする際の下調べが必要で、その仕入れルートを構築するまでが大変です。

 

物販

転売は既に流通している商品を取り扱うのに対し、物販はまだ流通していないものを卸売業者から仕入れて販売したり、自身で製品化したオリジナル商品を販売するのが一般的です。

メリット:Amazon等の有名な売買サイトを利用できるため、見込み客が多いです。

デメリット:仕入れ等の資金が必要なので、ネットビジネスの中ではコストがかかりやすいです。

物販アフィリエイトとは?稼ぐためにコンサルは必要?

2020年4月18日

 

Youtuber

Youtuberの収入源は、動画に挿入される広告収入と企業案件収入の2種類があります。

個人差はありますが、1再生0.1円といわれています。これはグーグル側からの報酬です。

企業案件収入とは、企業側が宣伝してほしい内容を自分の動画内にアップすることで企業側から報酬を得られます。

メリット:楽しく活動することができるので、継続しやすいです。

デメリット:悪い意味で世間に周知されると今後の人生が大変になります。

Youtubeアフィリエイトとは? 初心者でも稼げる方法解説

2020年4月14日

 

クラウドソーシング

ブログ記事の執筆・ロゴデザイン・ネーミングなどの仕事をネットで外注・受注できるサービスです。

ココナラやクラウドワークスはそのプラットフォームです。

メリット:単価は安いが簡単なタスクから始めることができ、成功体験を感じやすいです。

デメリット:プラットフォームを利用することで、手数料がとられ、手取り額が減額してしまいます。

クラウドソーシングとは?スキルなしでも稼げるのか徹底解説

2020年4月18日

 

一番オススメなウェブビジネスはこれ!

ここまででウェブビジネスにも種類が様々あることがお分かり頂けたかと思います。

では、結局どのウェブビジネスが最も稼げるのでしょうか?

そこで今回は最もオススメするウェブビジネスを発表したいと思います。

最もオススメするウェブビジネスは、「情報発信ビジネス」です!

具体的に見ていきましょう。

「情報発信ビジネス」が他のウェブビジネスよりも優れている点を3つ挙げ解説していきます。

 

在庫を抱えない

在庫を抱えないということは、金銭的なリスクを回避することができます。

つまり、仮に失敗したとしても自分の人生にダメージを与えることがないのです。

在庫を抱えないビジネスは情報発信ビジネス以外にも、アドセンスやアフィリエイト、クラウドソーシングがあります。

ちなみにYouTubeは情報発信ビジネスの媒体となりうるので、比較対象からは外します。

 

物じゃなくても売れる

情報発信ビジネスは自分が発信する「情報」そのものに価値を付けることができます。

そのため、自分の情報を欲しいと思った人に知識やアドバイスを提供することで収入が得られます。

これはアフィリエイトやアドセンス、クラウドソーシングではできません。

 

他のビジネスへ展開できる

情報発信ビジネスは、自分自身を認知してもらいファンを集めることが高収入への過程となります。

この過程こそがとても重要です。

情報発信ビジネスで得たファンは「自分」そのものに価値を見出してくれているため、他のビジネスへ展開したときに、そのファンはそのまま新ビジネスの方でもお客さんになりやすいのです。

 

これらの点から情報発信ビジネスが最もオススメのウェブビジネスであると言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はウェブビジネスについて徹底解説していきました。

ウェブビジネスを始める際にはメリット・デメリットをしっかり把握して始めてください。

中でも情報発信ビジネスは、ローリスクで継続的な収入を得ることができるビジネスなので、是非この記事を参考にしてみてください。

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓