【2020年版】コンプレックスランキング

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓

菊池
こんにちは、菊池です。

誰しも一度は抱いたことがあるであろう、コンプレックス。

コンプレックス自体はあるけど、一体周りの人はどんなものを持っているか気になったことはありませんか?

昔の私は常に気になっていました。(笑)

菊池

「友人A君は、自分よりスポーツができるし大会の優勝経験がある。私はすべてにおいてA君より劣っているのではないか?」

「そもそもA君ってコンプレックスあるのかな。」

のような感じでした。

他人のコンプレックスが気になる一方で、普段のコミュニケーションでコンプレックスを他人に話さないと思います。

なぜなら、それは人に対する劣等感だからです。

人と比べて自分が劣っていると認めた事をわざわざ話さないですよね。

なので、他人のコンプレックスが分からず、自分が思うコンプレックスは一般的なものかという新たな悩みのジレンマになってしまうこともあります。

かく言う、私も

  1. 細身体系、いわゆるがりがり
  2. 顔が整っていない、いわゆるブサメン
  3. 勉強ができない
  4. 母子家庭で貧乏

などなど、自分に対するコンプレックスはあったものの、それが本当に自分だけの悩みだったのか疑問ですごく困りました。

そういう意味でまず今回は、周りの人がどんなコンプレックスを持っているのか紹介したいと思います。

 

コンプレックスとは

コンプレックスとは、WIKI参照をすると以下のような定義がされています。(一部抜粋)

コンプレックス(独:Komplex 英:complex)は、心理学・精神医学用語で、衝動・欲求・観念・記憶等の様々な心理的構成要素が無意識に複雑に絡み合って形成された観念の複合体をいう。ふだんは意識下に抑圧されているものの、現実の行動に影響力をもつ。

堅苦しく表現されていますが、要するに「身長が小さい」など他人と比較して自分に足りない欠点を自身で嫌だと思うことです。

いわゆる「劣等感を抱く」ということですね。

コンプレックスは大きく3つに分類されます。

  1. 身体的なもの
  2. 社会的なもの
  3. 性的なもの

では、具体的に上記3つをランキング形式でご紹介します。

この中で自分もコンプレックスとして抱えているのがあれば、多くの人が同じ悩みを持っているということですので参考にしてみてください。

 

コンプレックスランキング

様々な調査機関がコンプレックスについてアンケートを実施していましたので、その結果をもとにコンプレックスランキングをご紹介いたします。

 

第一位「身体的もの」

コンプレックスランキングの1位は身体的なものに関するものです。

詳しくご紹介します。

顔が整っていない

多くの方が自分の顔に自信がなくて、悩んでいるようですね。

菊池
私も23年間異性から「かっこいいね」なんて一度も言われたことがありませんでした。(笑)

彼女を作りたいと思って、マッチングアプリを利用しましたがプロフィール写真に自分の顔を登録しても全然マッチせず、女性と出会うことすら叶わない時期がありました。

私の場合は、恋愛面で顔が整っていないことがコンプレックスでしたが、顔が整っていなくてもモテる秘訣を知り、コンプレックスではなくなりました!

詳しく知りたい方は以下の記事を見てみてください。

 

肥満体系である

多くの男性のコンプレックスの一つですね。

私の友人でもお腹が出ているのが恥ずかしいという理由で海に行くときは、マリンスーツを着用しています。

また、社会人になってから、10キロ以上も増えて、

神楽
「〇〇君太ったね。」

と言われたのがショックでコンプレックスになったという方もいますね。

菊池
実際私も社会人になってから、65キロから76キロまで太り、お腹が出ていたのがコンプレックスでした。
菊池

太っていては、女性からなかなか好かれないと思い人生初のダイエットをした結果、76キロあった体重が62キロまでにすることが出来ました!

その証拠に画像を貼っておきますね!

2019年の1月下旬からダイエットを開始して、2019年の7月中旬に写真のような体になったので、約半年かけてダイエットをした感じです。

月の残業時間の平均が25時間くらいの私でも出来たので、肥満体型に強いコンプレックスを感じているなら、ダイエットに取り組んでみるのをオススメします!

菊池
私は、ダイエットのおかげもあり、彼女が出来ました!

 

不潔感がある

周りから

神楽
「毛深いね」
神楽
「口が臭い」

などと言われ、コンプレックスになる方が多いようです。

不潔感があると思われる要素は

  1. 顔に出来物が多い
  2. 体臭、口臭がする
  3. 毛深い
  4. 爪が長い

などです。

不潔感があると、異性問わず同性にも避けられる可能性が高いため、改善することをオススメします。

菊池
私の場合は、顔に出来物が多かったり、体臭や口臭があったことがコンプレックスだったので、顔の出来物をなくすには何をすればよいか、体臭口臭を無くすためにはどうすればよいかを調べて、色々試した結果、顔の出来物や体臭や口臭を無くすことが出来ました!

 

体力が低下している

以前と比べ夜遅い時間まで仕事をすることができなくなった時とかに感じることでしょう。

主に30、40代の方に多い、コンプレックスですね。

  1. 夜遅くまで仕事をするのがつらくなる
  2. 体の痛みが増えた
  3. 長時間経っているのがつらい
  4. 今まで登れていた山が登れなくなる

など、体力の低下によって、今までできたことが出来なくなるのがコンプレックスになる方が多いようです。

そんな方は、日常的に運動をしてみたり、ジムに通って体力低下を防ぐことオススメします!

 

髪の毛が薄い、はげている

20代後半、30代、40代の男性が抱くコンプレックスですね。

菊池

私の同期でも、会社のストレスで10円ハゲができてしまい、とても悩んでいました。

そんな同期は、10円ハゲを治療するため、病院に通ったり薬を飲んだりして直していました。

髪が薄くなってきたから悩むのではなく、髪が薄くならないような食生活を心がけたり、洗髪の際の洗い方に注意するなど事前の対策をすることをオススメします!

髪が薄くなってから、治療するのも良いのですが、費用面がかさばるので、極力髪が薄くなる前に対策を打つことが得策だと思っています。

 

第二位「社会的なもの」

コンプレックスランキングの2位は社会的なものに関するものです。

詳しくご紹介します。

年収が低い

家族を養うことはもちろん自分が自立して生きていくために必要不可欠な要素ですよね。

年収が低いことで自分がやりたいことができないということがよくあるため、年収が低いことがコンプレックスになる方が多いようです。

かく言う、私も母子家庭ということもあり、家庭の収入が低い事がコンプレックスでした。

年収が低くて出来ないこと
  1. 旅行に行けない
  2. 欲しいものが買えない
  3. 住みたい家に住めない

などですね。

菊池
私も年収が低いのは、嫌でした。

なぜなら、自分のやりたいことが制限されるからです。

なので、私は就活を本気でやり第一志望であった外資系コンサルティングファームに入社しました。

菊池
また、収入の軸を増やすという意味でも、以下のような副業にも取り組んでいます。
菊池が実践している副業
  1. コンサルティングビジネス
  2. 広告収入ビジネス
  3. 投資

その取り組みの結果、1日!~4時間ほどの作業で、月収30万円を達成することが出来ました!

副業を本業にしていくつもりなので、目標は本業月収を超えることです!

 

学歴が低い

大手企業に所属している人や就職活動を控えた学生に多い印象ですね。

学歴が低いことで、書類選考すら通らないこともあるようなのでコンプレックスに持つ方が多いようです。

ただ、社会に出たら学歴というのはほとんど役に立たないので、コンプレックスを持つ必要はあまりないと思います。

学歴が低くて悩んでいてももったいないので、学生のうちにできることを存分にやったり、周りがやっていないような活動にコミットして結果を出すことの方が有意義ですよ!

 

仕事ができない

周りに仕事ができる人ばかりだと、そう感じますよね。

今の会社で思うような結果が出なくても、悩む必要はないと思います。

なぜなら、適材適所や得手不得手という言葉があるように、今携わっているお仕事が合わなかっただけということもあるからです。

しかも日本にいる限り、仕事は溢れかえっていますので、今の会社で仕事ができなくても転職をしたり、自分でビジネスを始めることが容易なので、コンプレックスを持つ必要はないと思います。

菊池
私はそういうマインドでお仕事をしています!

 

第三位「性的なもの」

コンプレックスランキングの3位は性的なものに関するものです。

詳しくご紹介します。

異性との経験値が少ない

菊池
私も同じようなコンプレックスを持っていました。
菊池
私は、中高男子校出身で22歳まで彼女はいたことありませんでしたし、ましてや女性とのデート経験もありませんでした。

会話も数える程度だったので、気になる女性がいてもどのように話せばいいのか分からないのもコンプレックスでした。

そんな私でも、異性との経験値を積むため様々な勉強や行動をした結果、社会人でも1か月で13人の女性とデートできるまで成長することが出来ました!

 

性器に自信がない

男性の場合だと性器のサイズが平均より小さい、女性の場合だと性器の周りの毛が多いなどあるそうです。

 

まとめ

以上がコンプレックスについてランキング紹介でした。

いかがだったでしょうか。

共感できるコンプレックスもあれば、こんな事をコンプレックスとして悩んでいるという新たな発見もあったのではないでしょうか。

私もコンプレックスには悩まされた時期がありましたが、今はコンプレックスに対する心構えを変えたので、以前に比べ悩むことが激減しました。

コンプレックスを持つのは誰でも当たり前です。

そこから、どのようにコンプレックスと向き合っていくかが重要ですので、コンプレックスがあるからという理由で挑戦をやめないようにしましょう!

なぜ私が1日2時間の在宅ワークで稼ぐことが出来ているのか?
その秘密を期間限定で無料公開中!
≪気になる方はお早めに!!!≫
↓↓↓↓↓↓↓↓